データサイエンティスト検定 リテラシーレベルとは

データサイエンティスト検定 リテラシーレベルは、データサイエンティストとしての基本的な知識と理解を評価する試験です。この試験では、統計学、機械学習、プログラミングなど、データサイエンスの主要な領域についての基本的な理解が求められます。リテラシーレベルの認定を受けることで、個々がデータドリブンの意思決定をサポートする能力を持っていることが証明されます。このレベルは、データサイエンスを学び始めたばかりの方や、データサイエンスの知識を他の専門分野に応用したいと考えている方にとって、特に有用です。

本サイトについて

データサイエンスの初心者向けに特化した学習プラットフォームです。データサイエンティスト検定リテラシーレベルの模擬問題を約530問収録しており、各領域(データサイエンス力・データエンジニアリング力・ビジネス力)の入門レベルを網羅しています。

本サイトの合格基準は各領域の正答率を90%以上としています。これは、試験の突破だけでなく、データサイエンスの基本的な概念と技術を確実に理解し、それらを効果的に適用できる能力を身につけることを意味します。本サイトの主な目的は、初心者がデータサイエンスの基礎をしっかりと理解し、自信を持って次のステップに進むことを支援することです。

問題集(ユーザー登録により受講履歴をご確認いただけます。)

全領域・全問題(530問)から100問を模擬試験形式でランダムに出題します。
全受講者の平均点は60%(合格基準:90%)です。

スキルカテゴリ「データサイエンス力」から出題

データサイエンス力のスキルカテゴリ全231問から45問をランダムに出題します。
全受講者の平均点は69%(合格基準:90%)です。

データサイエンス力のスキルカテゴリ全231問をカテゴリ別に収録しております。

スキルカテゴリ「データエンジニアリング力」から出題

データエンジニアリング力のスキルカテゴリ全196問から35問をランダムに出題します。
全受講者の平均点は71%(合格基準:90%)です。

データエンジニアリング力のスキルカテゴリ全196問をカテゴリ別に収録しております。

スキルカテゴリ「ビジネス力」から出題

ビジネス力のスキルカテゴリ全103問から25問をランダムに出題します。
全受講者の平均点は71%(合格基準:90%)です。

ビジネス力のスキルカテゴリ全103問をカテゴリ別に収録しております。