ビジネス力 カテゴリ別問題集

ビジネス力 カテゴリ別問題集

ビジネス分析、分析プロジェクト

ビジネス力 ビジネス分析、分析プロジェクトから13問をランダムに出題します。

1 / 13

Category: ビジネス力

分析プロジェクトで最も避けるべき行動は次のうちどれか

2 / 13

Category: ビジネス力

分析プロジェクトにおいて、課題や仮説の言語化が重要な理由は次のうちどれか

3 / 13

Category: ビジネス力

ビジネス分析において、データを用いる目的は次のうちどれか

4 / 13

Category: ビジネス力

ビジネスの目的を達成するために、最も重要な論理構成の要素は次のうちどれか

5 / 13

Category: ビジネス力

分析プロジェクトにおいて、課題や仮説を言語化する際に役立つ能力は次のうちどれか

6 / 13

Category: ビジネス力

分析プロジェクトの初期段階で最も重要なステップは次のうちどれか

7 / 13

Category: ビジネス力

分析プロジェクトで「分析という行為を目的化してしまう」ことの弊害は次のうちどれか

8 / 13

Category: ビジネス力

プロジェクトの分析結果がビジネス上の価値を生み出すためには、何を念頭に置くべきか

9 / 13

Category: ビジネス力

分析において、意思決定につなげるためには何が重要か

10 / 13

Category: ビジネス力

ビジネス分析で最も避けるべきことは次のうちどれか

11 / 13

Category: ビジネス力

分析プロジェクトにおいて、KGIやKPIと関連付けて分析することの効果は次のうちどれか

12 / 13

Category: ビジネス力

課題や仮説を言語化する際に有益な考え方は次のうちどれか

13 / 13

Category: ビジネス力

ビジネス分析において、論理構成の第一段階は何を確認することか

Your score is

0%

一次情報・二次情報・三次情報、データ倫理・不正行為

ビジネス力 一次情報・二次情報・三次情報、データ倫理・不正行為から12問をランダムに出題します。

1 / 12

Category: ビジネス力

一次情報の特徴として正しいものは次のうちどれか

2 / 12

Category: ビジネス力

データサイエンスにおけるFFPとは次のうちどれを指すか

3 / 12

Category: ビジネス力

三次情報の定義として正しいものは次のうちどれか

4 / 12

Category: ビジネス力

AI技術を使用して作成されるディープフェイクは、どのような倫理的問題を引き起こす可能性があるか

5 / 12

Category: ビジネス力

改正個人情報保護法における第三者提供に関するルールとは次のうちどれか

6 / 12

Category: ビジネス力

二次情報とは何か、最も適切な説明は次のうちどれか

7 / 12

Category: ビジネス力

改正個人情報保護法が施行されたのはいつか

8 / 12

Category: ビジネス力

GDPRにおける透明性要件とは次のうちどれか

9 / 12

Category: ビジネス力

GDPRにおいて、個人データの漏洩を検知した場合、どのような行動が求められるか

10 / 12

Category: ビジネス力

「人間中心のAI社会原則」に反映されているのは、以下のうちどれか

11 / 12

Category: ビジネス力

データサイエンスにおけるELSIの研究が重要視される理由は次のうちどれか

12 / 12

Category: ビジネス力

データバイアスがAIの判断に与える影響として、最も適切でないものはどれか

Your score is

0%

業務委託、MECE・論理的思考

ビジネス力 業務委託、MECE・論理的思考から11問をランダムに出題します。

1 / 11

Category: ビジネス力

IT関連の開発プロジェクトで、成果物の品質保証が求められる契約形態は次のうちどれか

2 / 11

Category: ビジネス力

業務委託契約において、法律行為ではない事務処理を委託する契約は次のうちどれか

3 / 11

Category: ビジネス力

PoC(概念実証)プロジェクトを行う際に選ばれる契約形態は次のうちどれか

4 / 11

Category: ビジネス力

業務委託契約において、仕事の完成と引き換えに報酬を支払う契約は次のうちどれか

5 / 11

Category: ビジネス力

データサイエンティストがMECEの原則を意識する理由として、最も適切でないものは次のうちどれか

6 / 11

Category: ビジネス力

データ分析においてMECEを意識することの利点として、最も適切なものは次のうちどれか

7 / 11

Category: ビジネス力

MECEの原則を適用する際に注意すべき点として、最も適切なものは次のうちどれか

8 / 11

Category: ビジネス力

MECEの原則に反する分類方法として、最も不適切なものは次のうちどれか

9 / 11

Category: ビジネス力

AI技術を利用するプロジェクトで、事前の性能保証が困難な場合、一般的にどの契約形態が選ばれるか

10 / 11

Category: ビジネス力

MECEの原則に基づいて最も適切に分類されているのは次のうちどれか

11 / 11

Category: ビジネス力

委任契約において、受託者が負う責任の性質は次のうちどれか

Your score is

0%

論文構成・ストーリーライン、KGI・KPI

ビジネス力 論文構成・ストーリーライン、KGI・KPIから13問をランダムに出題します。

1 / 13

Category: ビジネス力

「空・雨・傘」アプローチにおいて、「傘」は何を表しているか

2 / 13

Category: ビジネス力

プレゼンテーション資料を作成する際に、ストーリーラインを先に考える理由は次のうちどれか

3 / 13

Category: ビジネス力

KPIの選定において、最も適切でないアプローチは次のうちどれか

4 / 13

Category: ビジネス力

分析プロジェクトにおいて、KGIとKPIの関係性を最も適切に説明しているのは次のうちどれか

5 / 13

Category: ビジネス力

論文構成の流れを理解することの利点は次のうちどれか

6 / 13

Category: ビジネス力

「空・雨・傘」アプローチにおいて、「空」は何を表しているか

7 / 13

Category: ビジネス力

仮説を検証するプロセスで重要なのは、次のうちどれか

8 / 13

Category: ビジネス力

分析者が新たな仮説や考察結果を得るために有効な方法は次のうちどれか

9 / 13

Category: ビジネス力

プレゼンテーション資料で「WHYの並び立て」を使用する目的は次のうちどれか

10 / 13

Category: ビジネス力

プレゼンテーションでのストーリーライン構成において、「空・雨・傘」のアプローチが用いられる理由は次のうちどれか

11 / 13

Category: ビジネス力

KPIの設定において最も適切でない検討事項は次のうちどれか

12 / 13

Category: ビジネス力

KGIを達成するためにKPIを設定する際、最も重要な考慮事項は次のうちどれか

13 / 13

Category: ビジネス力

KPIツリーの目的を最も適切に説明しているのは次のうちどれか

Your score is

0%

ビジネス理解、スコーピング、仮説

ビジネス力 ビジネス理解、スコーピング、仮説から17問をランダムに出題します。

1 / 17

Category: ビジネス力

データの前処理においてデータサイエンティストが最も考慮すべき点は次のうちどれか

2 / 17

Category: ビジネス力

データサイエンティストが新しい機械学習モデルを構築した後の最も重要なステップは次のうちどれか

3 / 17

Category: ビジネス力

データ分析によって新しい発見があった場合、データサイエンティストが直面する可能性のある課題は次のうちどれか

4 / 17

Category: ビジネス力

品質マネジメントの指標に含まれないものはどれか

5 / 17

Category: ビジネス力

データ分析の結果が仮説と異なる場合、どのような態度が求められるか

6 / 17

Category: ビジネス力

スコーピングの目的として最も適切なものはどれか

7 / 17

Category: ビジネス力

データ分析において仮説検証が重要な理由は次のうちどれか

8 / 17

Category: ビジネス力

ステークホルダーの理解を得るためには、どのようなアプローチが重要か

9 / 17

Category: ビジネス力

5フォース分析に含まれない競争要因は次のうちどれか

10 / 17

Category: ビジネス力

データ分析において、仮説を立てることの利点は次のうちどれか

11 / 17

Category: ビジネス力

データ分析プロジェクトにおいて、ビジネス観点から仮説を立てる主な目的は次のうちどれか

12 / 17

Category: ビジネス力

データ分析において、ビジネスの理解が重要な理由は次のうちどれか

13 / 17

Category: ビジネス力

データ分析プロジェクトにおいて、最初に行うべきことは次のうちどれか

14 / 17

Category: ビジネス力

スコーピングで考慮すべき基本的な課題の枠組みに含まれないものは次のうちどれか

15 / 17

Category: ビジネス力

データ分析において、分析の中止を検討すべき状況は次のうちどれか

16 / 17

Category: ビジネス力

仮説と異なる結果が得られた場合、最初に疑うべきことは次のうちどれか

17 / 17

Category: ビジネス力

スコーピングにおいて重要な活動は次のうちどれか

Your score is

0%

モニタリング、ウォーターフォール開発・アジャイル開発

ビジネス力 モニタリング、ウォーターフォール開発・アジャイル開発から17問をランダムに出題します。

1 / 17

Category: ビジネス力

継続的なモニタリングや関係者間での話し合いに有効なツールは次のうちどれか

2 / 17

Category: ビジネス力

アジャイル開発の方法論として正しくないものは次のうちどれか

3 / 17

Category: ビジネス力

分析プロジェクトで構築したモデルの精度が落ちた場合に必要な対応は次のうちどれか

4 / 17

Category: ビジネス力

データビジュアライゼーションの目的は次のうちどれか

5 / 17

Category: ビジネス力

データサイエンティストがデータを解析する際に最も重視すべきことは次のうちどれか

6 / 17

Category: ビジネス力

ウォーターフォール開発とアジャイル開発のどちらが、短いサイクルでの開発と顧客からのフィードバックを重視しているか

7 / 17

Category: ビジネス力

アジャイル開発において、顧客がフィードバックを提供するタイミングは次のうちどれか

8 / 17

Category: ビジネス力

継続的な評価・改善のために効果的なモニタリングには何が必要か

9 / 17

Category: ビジネス力

データサイエンスのプロジェクトにおいてアジャイル開発を採用する利点は次のうちどれか

10 / 17

Category: ビジネス力

ウォーターフォール開発に関する説明として、最も適切なものは次のうちどれか

11 / 17

Category: ビジネス力

アジャイル開発におけるスプリントの期間は通常どのくらいか

12 / 17

Category: ビジネス力

データサイエンスプロジェクトにおいて、通常最も時間を要するステップは次のうちどれか

13 / 17

Category: ビジネス力

ウォーターフォール開発とアジャイル開発の違いを最もよく表しているのは次のうちどれか

14 / 17

Category: ビジネス力

アジャイル開発のメリットとして最も適切なものは次のうちどれか

15 / 17

Category: ビジネス力

ビジネスにおけるモニタリングの目的は次のうちどれか

16 / 17

Category: ビジネス力

分析活動を一過性のものにしないために重要なことは次のうちどれか

17 / 17

Category: ビジネス力

アジャイル開発で適切な契約形態は次のうちどれか

Your score is

0%

プロジェクト管理・スケジュール管理

ビジネス力 プロジェクト管理・スケジュール管理から10問をランダムに出題します。

1 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクトのスケジュール遅延を防ぐためには、どのような行動が推奨されるか

2 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクトのタスクを効率的に管理するためには、どのようなツールが適しているか

3 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクト管理において、タスクの進捗を追跡するために最も適切でないツールは次のうちどれか

4 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクトメンバーが自身のタスクを計画どおりに完遂するためには、どのようなことが重要か

5 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクトの成功において、最も重要なリソース管理の原則は次のうちどれか

6 / 10

Category: ビジネス力

WBSを作成する主な目的は次のうちどれか

7 / 10

Category: ビジネス力

WBSを用いたプロジェクト管理において、タスクの進捗を追跡するために役立つのはどの要素か

8 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクトのスケジュールを守るために最も重要なことは次のうちどれか

9 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクトで計画している作業項目を理解するためには、どのような活動が有効か

10 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクトの遅延を最小限に抑えるための対応として、最も効果的なものは次のうちどれか

Your score is

0%

品質管理・障害報告・SLA

ビジネス力 品質管理・障害報告・SLAから10問をランダムに出題します。

1 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクトでの障害報告において、報告者が避けるべきことは次のうちどれか

2 / 10

Category: ビジネス力

障害が発生した際に、プロジェクトリーダーに報告する方法として最も適切なものはどれか

3 / 10

Category: ビジネス力

SLA違反が発生した場合、通常どのような措置が取られるか

4 / 10

Category: ビジネス力

SLAに関する説明として正しいものは次のうちどれか

5 / 10

Category: ビジネス力

障害報告の際に最も重要なのは、次のうちどれか

6 / 10

Category: ビジネス力

SLAに含まれる「パフォーマンス指標」とは何を評価するものか

7 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクトで問題が発生した際に最も重要なことは次のうちどれか

8 / 10

Category: ビジネス力

プロジェクトの品質管理において、最も効果的な手法は次のうちどれか

9 / 10

Category: ビジネス力

SLAで定義される「サービスレベル」とは何を指すか

10 / 10

Category: ビジネス力

SLAにおいて重要な「可用性」の指標とは何を意味するか

Your score is

0%