ビジネス力 ランダム25問出題

ビジネス力 ランダム25問出題

ビジネス力のスキルカテゴリ全103問から25問をランダムに出題します。

1 / 25

Category: ビジネス力

1) 障害が発生した際に、プロジェクトリーダーに報告する方法として最も適切なものはどれか

2 / 25

Category: ビジネス力

2) スコーピングにおいて重要な活動は次のうちどれか

3 / 25

Category: ビジネス力

3) プロジェクト管理において、タスクの進捗を追跡するために最も適切でないツールは次のうちどれか

4 / 25

Category: ビジネス力

4) 継続的な評価・改善のために効果的なモニタリングには何が必要か

5 / 25

Category: ビジネス力

5) データサイエンスのプロジェクトにおいてアジャイル開発を採用する利点は次のうちどれか

6 / 25

Category: ビジネス力

6) 三次情報の定義として正しいものは次のうちどれか

7 / 25

Category: ビジネス力

7) 分析プロジェクトで「分析という行為を目的化してしまう」ことの弊害は次のうちどれか

8 / 25

Category: ビジネス力

8) 二次情報とは何か、最も適切な説明は次のうちどれか

9 / 25

Category: ビジネス力

9) プロジェクトの品質管理において、最も効果的な手法は次のうちどれか

10 / 25

Category: ビジネス力

10) 仮説と異なる結果が得られた場合、最初に疑うべきことは次のうちどれか

11 / 25

Category: ビジネス力

11) スコーピングの目的として最も適切なものはどれか

12 / 25

Category: ビジネス力

12) 分析プロジェクトの初期段階で最も重要なステップは次のうちどれか

13 / 25

Category: ビジネス力

13) プレゼンテーション資料を作成する際に、ストーリーラインを先に考える理由は次のうちどれか

14 / 25

Category: ビジネス力

14) プロジェクトのスケジュールを守るために最も重要なことは次のうちどれか

15 / 25

Category: ビジネス力

15) アジャイル開発のメリットとして最も適切なものは次のうちどれか

16 / 25

Category: ビジネス力

16) IT関連の開発プロジェクトで、成果物の品質保証が求められる契約形態は次のうちどれか

17 / 25

Category: ビジネス力

17) KPIツリーの目的を最も適切に説明しているのは次のうちどれか

18 / 25

Category: ビジネス力

18) データの前処理においてデータサイエンティストが最も考慮すべき点は次のうちどれか

19 / 25

Category: ビジネス力

19) 分析プロジェクトで最も避けるべき行動は次のうちどれか

20 / 25

Category: ビジネス力

20) プロジェクトで計画している作業項目を理解するためには、どのような活動が有効か

21 / 25

Category: ビジネス力

21) プロジェクトの分析結果がビジネス上の価値を生み出すためには、何を念頭に置くべきか

22 / 25

Category: ビジネス力

22) データサイエンスにおけるELSIの研究が重要視される理由は次のうちどれか

23 / 25

Category: ビジネス力

23) スコーピングで考慮すべき基本的な課題の枠組みに含まれないものは次のうちどれか

24 / 25

Category: ビジネス力

24) 分析プロジェクトにおいて、KGIとKPIの関係性を最も適切に説明しているのは次のうちどれか

25 / 25

Category: ビジネス力

25) プロジェクトのタスクを効率的に管理するためには、どのようなツールが適しているか

0%